探偵の秘密保持は徹底的に行われる

特定の情報を守るのも探偵の仕事

探偵の業務内容とは調査です。その調査でも依頼の無いようによって必要とされる情報が変化していきます。浮気調査では依頼主と調査対象者との関係や、浮気相手の情報。素行調査で特定自分の個人情報(年齢性別、出身地や学歴など事前に知る情報も含む)から、一日の行動についての情報、企業などの信用調査でも企業スパイの特定から、企業に対して機密情報のセキュリティ監督までおこなっている探偵社があります。

 

これだけ聞いても探偵が多くの情報を取り扱う職業であることが理解できるでしょう。

 

探偵は依頼があってから調査をおこなうので、調査中に知りえた情報は全て探偵側が一時的に保存しておき、依頼主へ報告する段階で情報の提示を行います。
しかし、探偵社側が情報を一時保管することに不安を感じてします人も少なからずいます。ましてその情報に個人情報、プライベートを含む場合には生理的に嫌悪感を抱く人もいらっしゃいます。
そんな情報の管理をどの用に探偵は行っているのかといえば、徹底した情報管理を社内だけではなく、探偵や探偵社で働く従業員へ徹底して行っているのです。

 

この情報管理方法に関しては探偵社ごとに多少の違いがありますが、データの保存に関しては他業者へ委託しておこなうのではなく、自社内でプログラムを構築しておこなったり、一部だけ他社のシステムやソフトを用いて万全の体制で行います。

 

しかし、中には悪徳探偵業者なども少ないですが存在しており、そういった業者では裏で他の悪徳業者と結託して個人情報の売買がおこなわれるなどといったこともあるかもしれない。

 

そこで、探偵業者は自社と悪徳業者との差別化を測るために徹底した管理運営を行い、依頼主から信頼してもらうことが出来る事務所を目指しているのです。